地域おこし協力隊

COMMUNITY REACTIVATING

1人暮らしで高鍋町に移住するための費用を実体験をもとに紹介します!

”1人暮らしの移住ってどのくらいお金かかるんだろう…”と漠然とは考えたことはあるけど計算したことないという方も多いのではないでしょうか。
私も移住前にだいたいこのくらいかなと考えてはいたものの、引っ越し費用がいくらで、新生活に必要なものの費用がいくらで、と細かく計算せずに移住しました。ですが、これが間違いでした…。思いのほか費用がかかってしまったために新生活スタートからお金の心配をする羽目になりました。自分が想定していたものとは違うもので費用がかかったのでしっかり実情を理解することが大事だと痛感しました。
ということで今回は、宮崎県児湯郡高鍋町に移り住んだ私が移住にかかった引っ越し費用を紹介します。移住を検討している方はこの記事で移住費用がどのくらいかかるのかしっかり把握し、楽しい新生活を送れるようにしましょう!

1人暮らしでも移住費用はそれなりになりました…汗

先ほども言いましたが、移住って結構費用がかかります。私はこの計算が甘くて新生活スタートからお金の心配をしなければならなくなりました。移住を考えている一人暮らしの方は気を付けてくださいね!
ということで早速、移住にかかった費用を紹介します。

移住にかかる費用の総額は『31万円』でした!
私としては結構かかったなと思いました。もっと抑えられると思ったんですが…。もちろん、金額は引っ越し時期や荷物の量なんかでもかなり変わってきます。これはあくまでも私の移住にかかった費用の概算です。

費用として大きく4つの項目に分かれると思います。
1.引っ越し費用:2.5万円
2.賃貸の初期費用:19万円
3.家具・家電費用:5.5万円
4.交通費:2万円
5.その他:2万円

1~5の合計でだいたい31万円ですね。ところどころ費用を抑える工夫をしてこれなのでなにも考えず移住しようと思ったらかなりの金額になるのではないかなと思います。細かい内容については次の章からお話していきます。

1.引っ越し費用

移住者紹介

私は高鍋町に来る前は神奈川県に住んでいました。なので、関東から九州の引っ越し費用と考えてもらえるといいですね。

荷物としては洋服や必要な書類、パソコンなどを入れた段ボールが8個とパソコン用モニターが1個です。他は現地調達を考えていたのでそれまでの家具などは結構処分しました。この処分がまた大変だった…(笑)

この分量なので引っ越し業者を使っておらず、宅配便で済ませました。ダンボール一つが2500円、パソコン用モニターはダンボール代と運送費を合わせて4000円かかったので合計してだいたい2.5万円でした。

引っ越し業者は繁忙期の料金がかなり高くなるので、その影響を受けない宅配便で済ませる方が安くなるのではないかと思い、家具家電を現地調達にしました。家具を送りたいけど荷物は多くないという方は引っ越し業者が用意している単身パックなどもあるのでいろいろ見てみるといいですね。

2.賃貸の初期費用

次に賃貸の初期費用ですね。敷金・礼金や仲介手数料、前家賃、火災保険、鍵交換費用などを含めてだいたい19万円です。

これから長く住む家なので少ない選択肢の中から厳選した結果、この金額になりました。もう少し妥協すれば安くできましたが、これからしばらくお世話になるところなのでこだわってみました。

選択肢が少なかった理由は2つあります。
まず、物件を探した時期が良くなかったですね。2月に探し始めたのですが、3月末までに引っ越しする人は12月には決めているとのことで物件が残っていませんでした。4月になら入れる物件があるとのことでしたが地域おこし協力隊の関係で3月末に引っ越しを完了する必要があり、泣く泣く少ない選択肢から選びました。

もうひとつはそもそも高鍋町に単身の家が少ないことですね。これは私が物件を探した時期が悪かったせいで埋まっていたという可能性もありますが、基本的にファミリー向けが多いですね。もちろん、都会の1人暮らしの物件と比べるとファミリー向け物件でも安いは安いんです。同じ値段でも広さが1Kから2LDKくらいに広くなる場合も多いですね。

私が探している中で前家賃と鍵交換費用だけという物件もありました。物件を早めに探せばその分選択肢が広がるので安くていい物件に巡り合えるかもしれません。年度末の引っ越しを考えてる方は12月までには物件を探すことをオススメします!

3.家具・家電

移住者紹介

家具・家電の合計は約5.5万円ですね。こちらは中古品をメインにそろえたのでだいぶ安くなったと思います。

内訳はこんな感じです!
冷蔵庫:12000円
洗濯機:10000円
電子レンジ:3500円
一口コンロ:2000円
布団:7000円
掃除機:10000円
カーテン:10000円

リサイクルショップで購入したのは冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・一口コンロです。高鍋町にはリサイクルショップが見当たらなかったので宮崎市でそろえました。送料がかかる場合が多いですが、私の場合はいろいろ買ったので送料をサービスしてくれました!買ったものは1年間使っていますが、正常に作動中です。

布団と掃除機、カーテンはネット通販でそろえました。掃除機が新品なのは「新しいものの方が部屋がきれいになりそうだから」です(笑)。カーテンは引っ越し前に捨てたのを後悔しました。私が選んだ物件の部屋数が多くカーテンが何組も必要になり、その分費用がかかりました。持って来てもよかったかなと今更ながら思います。

冷蔵庫や洗濯機を新品でそろえようと思ったら追加で2,3万かかるのではないでしょうか。家電量販店などは新生活セットを売っていたのでそれを買って費用を少しでも抑えるのもアリですね。

4.交通費

交通費は私の場合は2万円です。飛行機代と電車賃ですね。片道のみなので旅行と比べると安かったです。

航空チケットを予約するときはそれなりに覚悟がいりました。なんだか後戻りできない気がして。来てみればなんてことないんですが、その時は何度も予約するのをためらいました(笑)

交通費は片道のみと言いましたが、事前に仕事の面接がある場合や家を内見したいという場合には移住先に足を運ぶ必要があり、この額では収まらないので注意してください!

5.その他

移住者紹介

その他の費用ですが、これは生活をスタートさせるために必要な費用ですね。例えば、調理器具や食器、掃除用具、トイレットペーパーなどです。正直、正確にはわかりませんがざっくり計算して2万円くらいになるかなと思います。思ったよりかかるので要注意です。

生活必需品に関しては事前に買っておいても後からあれも欲しいこれも欲しいとどんどん買うものが出てきます。ですが、安心してください!高鍋町にはホームセンターがいくつかあるのですぐに買いに行けますよ。

引っ越ししてすぐに買うのは必要最低限にして、あとは生活しながら必要なものを買っていく方という感じにすると最初にかかる費用は抑えられるのではないでしょうか。

まとめ

ということで、一人暮らしが高鍋町に移住したらどのくらいの費用がかかるのか紹介しました。
結論をいうと、1人暮らしの移住にかかった費用は『31万円』でした!
今思うと別に引っ越し前に断捨離しなくてもよかったかもとも思わなくもないですが、新しいものはテンションが上がるので良しとしましょう。

私はかかりませんでしたが、インターネットを利用する場合の工事費や車などの移動手段にかかる費用などが必要になる方もいると思います。そうなると今回紹介した費用よりは高くなりますね。

1人暮らしは身軽なだけあってとりあえず勢いで移住というのもできますが、移住にはある程度お金がないと難しい面もあるのでどのくらいかかるかはしっかり計算することをオススメします!